大人になって変わったことといえば、歯に対するケアです。

もともと歯磨きも嫌いで嫌々ながら歯磨きをしていたようなタイプですが、大人になってからは歯の白さや口臭、歯並びに対する意識がとても高くなってきて今ではとても気にするようにしています。

ホワイトニングは歯医者ですると歯1本につきだいぶ高いので、市販のホワイトニングでケアするようにしています。

最近ではたくさんのホワイトニング商品が売っているので手軽に家でホワイトニングケアをすることができます。そして、口臭対策としては歯磨きと一緒にマウスウォッシュをしています。

マウスウォッシュは、口臭対策だけでなく、数時間に一度するだけで口の中がスッキリするので気分転換にもなります。

更年期の緩和にプエラリアサプリ
40代~50代の女性に人気のサプリメント「ベルタプエラリア」
詳しい情報は下記のサイトが参考になります。
http://www.locosporlaweb.com/

私は小さな頃から虫歯になりやすく、そのくせ歯医者が大嫌いなので、歯医者に行くときはいつも歯の痛さが耐えられなくなってからでした。そのため、歯医者に行くのは覚悟を決めていつも行っていました。

大人になってもその性格は変わらず、虫歯が痛みはじめてからいつも歯医者に行っていました。それが嫌だったため、最近では歯磨きを入念にするようにしてできるだけ虫歯にならないように気をつけています。

昔は義務的に歯磨きをするだけだったので、1~2分で終わらせていた歯磨きを最近では寝る前に歯ブラシだけで5分以上、その後フロスと歯間ブラシを使い歯の間の汚れを取り、仕上げは爪楊枝で歯と歯ぐきの間の汚れを取るようにしています。
そうすることでさいきではほとんど虫歯にならなくなりました。

黒ずみケアに人気のピューレパール
詳しい口コミは下記サイトに!
http://www.papercitymusic.com/

保育園の歯科検診で、2歳の子供の虫歯を指摘されました。前歯の間に2か所ほどあるようで、私から見ても気が付く程度になっています。
最初は、茶渋か何かだと思っていましたし、いつも虫歯にならないように一生懸命歯磨きをしていたので、驚きました。
虫歯の診断がつき、すぐに歯医者に行きました。しかし、とてもじゃないけど抵抗して暴れるので、診察すらできない状態でした。
先生も最初は「お子さんは怖がります。お母さんがしっかり抱っこしてあげて」と言っていました。
しかし、あまりにも抵抗するので、最後の方には「もっとしっかり押さえないと治療できないよ」と言われてしまいました。
私自身、抵抗する子供を全力で押さえ、汗だくでした。フッ素を塗る程度で終了でしたが、子供の歯医者がここまで大変だと思いませんでした。
次は1か月後ですが、親の私が恐怖でいっぱいです。歯を磨いていても虫歯になってしまうのですが、虫歯はないにこしたことないなと実感しました。

頭皮に優しい無添加育毛剤マイナチュレ
下記サイトは詳しい口コミが紹介されています。
マイナチュレ育毛剤の口コミ!レッドビジョン社の育毛剤がすご

親のむし歯に対する責任について考えてみます。子供が虫歯になるのは、かなりの部分は親の責任があると思います。現代では歯磨き粉の進化により、昔ほどは虫歯の子供も少なくなりました。ただし、少なくとも江戸時代以前は、歯磨き粉のようなものは使われることが少なかったにも関わらず、歯を失った人の割合は今のおじいちゃん達の方が多いのではないかという指摘があります。
ここで考えてみたいのは、人間はいつ虫歯になるかということです。基本的には口腔内では寝ている間に菌が増殖します。朝の口の中の不快感はそれが原因です。ですから、菌が多い、寝起きと、菌が増殖する前の寝る前には必ず歯磨きをする習慣が必要です。特に子供のうちは、磨き残しなども考えられるため、時間がある夜は親がしっかり歯を磨いてあげることが大切です。私見ですが、「朝起き時と朝飯を食べた後は子供が自分で磨き、もうこれ以上食べることのない寝るちょっと前に親が磨く」習慣ができると虫歯になりにくいと考えます。また食後は一番唾液が多く、口腔内の菌も少ないため、忙しい朝の朝食後以外は、ご飯を食べて少し時間が経ってから磨くといいでしょう。